トップページ > 人間ドックでの看護師の志望動機は?

人間ドックでの看護師の志望動機は?

志望動機とは、その業務を志望する動機のことです。なぜその業務を選んだのか、また、なぜその就業場所に応募したのか、これまでの実績などを分かりやすくまとめることが必要です。最近では人間ドックの看護師への転職を考えている人が多くみられます。

人間ドックは、受付や検査などが主な仕事内容です。そのため、人と接することが好きだという人、人間ドックにきた人の立場になって考えることができる人や相手の人への気配りができる人が適しています。面接時の立派な志望動機になるし、アピールすることで採用される率も高くなるでしょう。

人間ドックにおける看護師の仕事は検査だけではありません。意外と多いのが事務作業です。人間ドックを受けた人のデータを入力したり、検査結果をを本人に郵送で送る作業も看護師が行っている場合もあります。検査以外にこういった細かい作業が好きだという人にも向いています。

この職種に転職したいという人は、どのような志望動機を持っているのでしょうか。まず家族と生活する時間を大切にできるからです。人間ドックの看護師の仕事は夜勤や時間外勤務がほとんどないので、子育てをしながら働くことができる環境が整っています。なので育児との両立が可能なんです。

そして、自分の得意な分野を活かせることができることです。前職が病棟勤務だったという場合は、当然、採血や点滴などの作業を行っていたことが多いでしょう。長年の経験で得た、採血を正確にすばやくするという技術を活かせる職場への挑戦でもあります。採血のスピードはとても重要だと言われています。自分のスキルを活かすことで、会社全体の経営がプラスになるということはすごいことです。

また、予防の支援をしたいという志望動機です。一般病棟では、病気になってしまっている人ばかりの看護をしていましたが、人間ドックでは、病気になる前の人たちを対応します。病気に関する知識をもっているのならば、その知識を活かし病気で苦しむ人を減らしたいという理由が志望動機になります。

志望動機に正解は存在しません。その人1人1人の個性が現れる志望動機がいいのではないでしょうか。また看護師求人サイトではコンサルタントに相談もできたりします。希望条件や合った求人情報の紹介や履歴書などの添削もやってくれます。面接官の目にとまるような志望動機や履歴書を作れるようにしましょう。

看護師は相手と関わる仕事をしています。人と接することが好きな人には向いている仕事です。

人間ドックに強い看護師転職サイトの最新ランキング!

ナースフル



>>ランキングの2位以下をチェックしよう<<