トップページ > 人間ドックでの看護師に関する資格は?

人間ドックでの看護師に関する資格は?

業界のうちでも、人間ドックで働いている看護師さんが注目をされています。女性に対するガンの検診やメタボリックシンドロームなど、病気になる前に防ごうという考えが多くなってきているのです。人間ドックの項目も細かくなって回数も増え、働く看護師さんの役割が多くなってきました。こうして以前よりも、やりがいのある仕事だと言われるようになりました。そんな注目されている人間ドックの看護師にどうしたらなれるのか、資格などが必要なのでしょうか。

人間ドックの看護師の仕事内容は、健康診断や検診のサポートや補助がメインになります。内容は、診察や身体測定に血圧測定、尿検査に心電図に貧血検査、レントゲンなどのほかにもいろいろな項目があります。人間ドックの検査や診断の種類など正確に把握しながら、効率よく進めていくことが必要とされます。また、企業など団体で予約して受診される方も多いので迅速な対応と正確さが求められる仕事です。人間ドックは、慣れるとおなじことを繰り返し行う単純作業なので難しいことではありません。ですが仕事の内容がたくさんあり、覚えるまでは大変です。絶対必要とされる採血のスキルは人間のドックの看護師には必要不可欠でスムーズにできて当たり前です。

人間ドックで働く看護師の求人募集は、枠も少なく数も限られています。人間ドックは予約してこられるので、少ない人数でもたくさんの患者さんを対応することができます。なので、人数は多くなくても大丈夫なのです。

この仕事は限られた時間で業務をこないしていかなければなりません。1つ1つテキパキとかつ丁寧に作業を進めることや、ミスを防ぐための注意と努力が必要です。また車で巡回し人間ドックを行う病院などもあります。その場合は、機材を運んだり、昼食を車内で食べるなどして、病院で行う業務以上に、手際のいい仕事をするスキルが求められます。とくに新卒や経験の少ない新人看護師が人間ドックに転職するなら採血のスキルをしっかりと身につけておくことが必要です。

一般病棟などから人間ドックの看護師に転職する場合、必要な資格はとくにありません。ですが、人間ドックで働く上で、検査に関して専門的な技術を身に付けられます。消化器内視鏡技師は、内視鏡検査をおこなう際にとても役立つ資格の1つです。人間ドック健診食生活改善指導士は、健康を維持するために食生活から見直すことが大事とされることから食生活の改善指導をする場合に必要とされる資格です。スキルアップのために取得する看護師さんが多いです。

人間ドックに強い看護師転職サイトの最新ランキング!

ナースフル



>>ランキングの2位以下をチェックしよう<<