トップページ > 人間ドックでの看護師の役割

人間ドックでの看護師の役割

看護師の転職先として、人間ドックで働く看護師を選ばれる方も多くいらっしゃいます。夜勤もないので、子育てや親の介護といった家庭の事情に合わせて働くことが出来ます。なので、そういった意味で非常に転職先として人気のある職場の一つです。では、そこでの人間ドックにおける看護師の役割というのはどういったものなのでしょうか。それをこれから見ていきたいと思います。

まず、人間ドックで働く看護師の仕事として、採血や血圧測定を多く行なっていきます。ですので、その点はバイタルチェックなどの基本的なスキルがあれば問題ないと言われています。なので、人間ドックで働く看護師の役割としては、人間ドックの検査や器具についての扱いの説明。そういったものは主として行なっていくということを覚えておいて頂ければと思います。

また人間ドックでの看護師の役割として、ホスピタリティも含まれるようになってきました。まず、その前に確認はとして、最近はそれぞれの病院のそれぞれの人間ドックに対して「ホスピタリティ」が問われることになってきました。「どこの病院は評判が良い」「どこの病院は評判が悪い」。このようにそれぞれの病院が雑誌や口コミサイトなどで点数評価されるようになってきたのです。

その中で最近の看護師に期待される役割として、ホスピタリティの向上が挙げられるようになってきたのです。人間ドックの受診者に対して分かりやすい説明になっていたか?受診者に対しての印象はどうだったか?人間ドックを受診者に対して気持ちよく受けやすい雰囲気になっていたか?その雰囲気作りを担うために期待されているのが、看護師であるのです。

では、あなたがこのように人間ドックの看護師として働きたいと思った際には、どのように動くのが良いのでしょうか。実際の転職先として、人間ドックで働くということは、非常に枠が狭いこともあるので、どのように動くのが正しいのか?そこがよく分からない点というのはあるかと思います。また、人間ドックの職場は人材の流動性が少なく、一度その仕事についたら長期でその仕事を続ける方も非常に多いのです。つまり、人材の流動性が少ない、したがって人間ドックの求人の枠が狭いということで、効率的に募集を探していかないと入職が難しい状況かと思います。

その求人先を見つける一つの方法として、転職サイトに登録する方法をオススメします。なぜ、転職サイトに登録をするのがオススメなのか?それは登録をすることにより、転職の専門のコンサルタントがあなたの担当につくからです。その専門のコンサルタントから、多くの求人先から選りすぐりの求人を教えてくれるので、非常にオススメです。

人間ドックに強い看護師転職サイトの最新ランキング!

ナースフル



>>ランキングの2位以下をチェックしよう<<